読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡なエンジニアの独り言 はてなブログ出張所

ピアノをこよなく愛するエセRubyistが適当に書き綴ります

16歳のフリーランスが主催するおしゃべりイベントに行ってきた

少し前の話になりますが、6/21(土)に、前回に引き続いて16歳のフリーランスが主催するおしゃべりイベント(最終回(?) 真剣ネット世代しゃべり場)に行ってきました。場所は新宿でした。

以下、参加された方のレポート(私の発見順)です。

おしゃべりイベントということもあって、もとよりレポートを書く気は起こらないので、感想だけ書いておこうかなと思います。

とにかく若い!

今回はめでたく最年長でした。やったZE!

まぁ、私は割とどこに行ってもまだまだ若手という扱いを受けるのですが・・・まぁ、そういうイベントもあると言うことですか。orz

櫻井さんと id:quolc さん(どちらも16歳)はなかなか対照的な組み合わせで面白かったです。櫻井さんは、企画志向でコーディングよりも人を動かして自分のアイディアを実現したいタイプ、id:quolc さんは技術志向でアプリケーションを作りたいタイプのようです。16歳と言っても、受け答えがしっかりしているので、あまり違和感なく話せたのがありがたかったです。

大人は信じられない

もちろんだれもそんなことは言ってませんが(笑)・・・参加されていた人は「憧れのあの人にコミュニケーションを取りに行ったら邪険にされそう」と思っている人が多いようです。実際、まとわりついて追っ払われることもなくはないのですが(笑)、たいていの人/会社は、熱意のある若手のコンタクトを邪険に扱うことはありません。

・・・が、もし今回のイベント以外でも学生/社会人1〜2年目くらいの人たちが、「コンタクトを取って無視されるあるいは相手に悪い印象を与えることが恐い」と考えている人が多いとすれば、もったいないなぁと強く思います。それをすくい上げるようなコミュニティ/イベントはあると思うので、そういったものを活用して欲しいところです。

残念だったのは、その後のとんかつオフ(とんかつは食べなかったようですが)にいけなかったことですね。他のイベントにぶつかっていて・・・って前回もそうだった気がするので本当に残念です。いろいろなイベントに出てたくさんの人と顔を合わせるのも大切ですが、少数の人と時間をたっぷり使ってしゃべるのも大切なことです。

時間はちゃんと調整したいものです。