読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡なエンジニアの独り言 はてなブログ出張所

ピアノをこよなく愛するエセRubyistが適当に書き綴ります

螺旋力と中二病の違いとは・・・パブリックコメントを出しました

螺旋力*1中二病の違いとは、行動を起こすかどうかの違いだと思います。今、「私的録音録画小委員会中間整理に関する意見」にて、違法サイトからのダウンロードを違法化する(著作権法第30条から除外する)ことに関する審議が行われています。

MiAU を中心に多くのネットユーザがこれに反対する意見を書き起こしています。しかし、こうした活動は「無理」かもしれません。権利者側は、人を動員して「パブリックコメントの多数派工作」を行うでしょう。現在、MiAU 開発プロジェクトには、60 程度のパブコメ送付報告が上がっていますが、権利者側はその数倍を出してくると思います。「無理を通して 道理を蹴っ飛ばす」には、皆さんの協力が必要です。まだ間に合います。パブリックコメントの送付をお願いします。

以下、私が出したパブリックコメントです。ダウンロード違法化に関する問題に集中して書きました。こうしたものを書いたことがないため、かなりいい加減な文章ですが、MiAU のパブコメ案パブコメジェネレータの内容を参考にしています。

5.該当ページおよび項目名:6 にて小見出しに表記。
6.意見

(1) P104「第30条の適用範囲からの除外」
本案件について、以下の理由から反対します。

・ ストリーミングとダウンロードの区別は曖昧
ストリーミングとダウンロードは技術的に曖昧なものです。曖昧なものに対して区別を行っている時点で、本案件は十分に議論を重ねているとは考えられません。本委員会の議論の質を強く疑います。

・ 本案件について送信可能化権で対処不能である理由が不明瞭
違法録音録画のダウンロードの前提には、違法にアップロードする行為があるはずです。違法なアップロード者は、違法なダウンロード者よりも少ないと推定されます。より数の少ない違法なアップロード者を取り締まることで対処可能な案件に対して、ダウンロードの違法化の必要性を理解することができません。

・法律違反者を極端に増大することに対する懸念
法律違反者を極端に増大する法律制定にも疑問を感じます。現状のコンテンツの流通がユーザからみるとうまくいっていないため、違法にアップロードされたコンテンツを利用することになっていると推測できます。コンテンツホルダーにも大きな責任があるでしょう。

・ 通信の監視に対する強い懸念
違法ダウンロードを取り締まるためには、通信の監視が必要になる可能性があります。これは、憲法第21条に抵触します。監視しないのなら、法律として有効な運用は難しいでしょう。本案件は制定するだけ無駄です。

架空請求などの温床にならないか強い懸念
本案件の問題点の一つとして、ユーザが法律に違反したのかどうかわかりにくいところがあります。合法に入手したコンテンツに対して著作権侵害に関する請求を受けた場合、技術的法的知識の乏しい一般のユーザが正確な判断を下すことは難しいと考えざるを得ません。

このように架空請求の温床になることも想定され、制定するだけ害のある法律になるでしょう。

・ インターネット利用の委縮に対する強い懸念
現状、合法サイトかどうかを見分ける方法はなく、インターネット利用の委縮を招く可能性があります。ユーザ生成コンテンツが話題になっている現状に著しい負の影響を与えることでしょう。これは、著作権法の目的の一つである「文化の発展」に相反するものでしょう。

・ 学問・研究・報道に対する悪影響
違法サイトにアクセスしたり、コンテンツをダウンロードしないと、インターネットに関する実態を把握できません。これらは、学問・研究・報道に必要な行為です。この点に関する議論が不足しています。

・ 思想統制に対する強い懸念
現状、パロディなどでほかの著作を利用することは違法と判断される場合が多いです。原作を批判するものについては、許諾を得ることも難しいでしょう。それでも、パロディ制作側は、リスクを覚悟して許諾を得ない公開を行うかもしれませんが、ダウンロードする人にまで過大なリスクを負わせると、こうした批評精神を封じ込めることになります。

(2) P105「第30条の適用範囲から除外する場合の条件」
・ 情を知るかどうかユーザにとっては不明瞭
ユーザにとって違法サイトと適法サイトを見分けることは難しいことになるでしょう。「合法マーク」などは有効な解決策にはなりえません。

合法マークを詐称すればよいので、ユーザは安心してインターネットを利用できません。このケースは、違法なアップロード者を取り締まることでしか有効な対策はありません。

また、インターネットはグローバルなものですが、海外サイトには日本で制定した「合法マーク」のようなものをつける可能性は低いと考えられます。これは日本における「適法市場」から海外サイトを不当に締め出す行為になります。

*1:天元突破グレンラガンにおける人間が進歩する力のようなもの。