読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡なエンジニアの独り言 はてなブログ出張所

ピアノをこよなく愛するエセRubyistが適当に書き綴ります

「演奏してみた」動画をニコニコにうpする理由

ラヴェルの「古風なメヌエット」を弾いたので、録音してニコニコ動画にうpしました。限りなくクロに近いグレーとはいえ、プロの作品が多数うpされているニコニコ動画に素人の録音を上げても仕方ない面はあります。が、うpする側にはなかなかメリットがあります。

私はニコニコにうpするメリットとして「自分の演奏の状態を知る」ことと「録音して公開することで一区切りつけられる」ことが上げられると考えています。

演奏する人間としては、録音という行為は非常に重要です。録音すると今自分がどこが弾けていてどこが弾けていないのかよくわかります。しかし、録音は結構手間がかかるのでサボりがちです。(さらに言えば、自分の録音を聴くと切腹したくなるのは私だけでしょうかww)うpするためには何回か録音して自分の演奏の状態を確かめますから、良い練習になります。

ピアノ弾いている人は、習っている先生から OK をもらうか、演奏会で弾くなどをしてその曲を「卒業」して新しい曲の練習を開始します。私は、最近演奏会に出ていなければ、先生にも習っていない(5年くらい習っていない。。。)ため、曲の区切りをつけるのが難しくなっています。(mixiのオフ会とかで演奏したりはしてるんですけどね。)そこで、「ニコニコにうpしたらとりあえず練習段階は終了」というようにしています。

まぁ、「ついで」的な意味では、テクニカルなアドバイスをコメントでくれる人もたまにいるようなので、そういうありがたさもあるようです。ニコニコ動画を見ている人は非常に多く、自分のブログなどに録音をアップするよりも多くの人が見てコメントをくれるのも事実です。

# まぁ、コメントもらうとかえって練習しちゃったりして、いつまでたっても「卒業できない」なんてこともありますけど。

mixi で録音を公開しても良いのですが、マイミクの人が「聴いてポジティブコメントしなきゃいけないのか」という義務感を感じる可能性もあって、それはそれで面白い気の毒なので、そういう圧力の弱いニコニコ動画はうってつけとも言えますね。